プリリジーとFR法の比較とバンテリン

リラックスする男性

プリリジーは早漏予防薬で、セックスをする1時間前に服用をすると脳の興奮をおさえて、射精までの時間を長くすることができます。
FR法は心を鍛えることで早漏を克服するもので、軽度の場合には効果がありますが、精神的なストレスなどが原因の場合は、克服するのが難しい場合があります。
思春期の早漏は、経験不足から起きることが多いので、パートナーとリラックスした状態でセックスができるようになると完治します。
成人してからの早漏はストレスや肉体疲労が原因なので、プリリジーなどの治療薬を服用しながらストレスを軽減していくと症状が改善していきます。
バンテリンは関節痛などの痛みを和らげるための外用薬なので、ペニスに塗ると炎症が起きる可能性があります。また局所麻酔ではないので、射精時間が長くするのは難しいとされています。
射精に関しては脳がコントロールしているので、プリリジーを服用して、セロトニンの量を安定させることが一番効果的だとされていますが、SSRIの薬は副作用があるので、気になる場合には外用薬を用いて早漏を予防することもできます。
一般的には局所麻酔の成分が配合されていますが、中国製のものには男性ホルモンなどが含まれている場合もあります。男性ホルモンは性欲を高めるためには必要ですが、薬で補充する場合には病院を受診して、検査を行ってから補充しないと体調を崩す原因にもなります。
FR法は基本的には認知行動療法を手法を取り入れているのですが、若者の早漏は自然に治癒することが多いので、あまり細かいことを気にせずにセックスをすることが大切で、射精時間が短くても気にせずに何度もトライすることが重要です。成人の場合は、ストレスの原因を特定して取り除くことで正常な射精時間に戻すことができます。