まさかの早漏でショック!知識とプリリジーで早漏対策

リラックスする男性

初めての性交渉で、挿入してからすぐ射精してしまい、ショックをうけることもあります。

性交渉の経験数が少ない方では珍しくありませんが、経験が少ないと無駄にショックをうけることもあります。

このようなときには、正確な知識を持って対処しましょう。

性交渉に欠かせないのは、リラックスです。

不安や緊張、日常生活のストレスといったものが、重なると挿入から射精までの時間が極めて短くなることがあります。

特に脳内で働くセロトニンが大きく関係しています。

セロトニンは、リラックス成分として知られており、心身の安定させてくれるので、性交渉のとき、挿入から射精までの時間を長くできます。

このセロトニン濃度が低いと、心身が緊張するため、挿入から射精までが早くなってしまうので、知識として知っておきましょう。

早漏でショックを受けた時の対策として、スクイーズ法などで強化合宿する、市販されている早漏対策クリームやスプレーを使う方法があります。

強化合宿法は、射精する寸前にカリを軽く止めて射精を我慢しますが、結果が出るまでに1ヶ月~3ヶ月かかることや、膀胱に向かって射精してしまう逆流射精してしまう、逆行性射精のリスクがあります。

最も一般的なのが、局所麻酔成分が入ったクリームやスプレーをペニスに塗る早漏対策ですが、これは個人差が大きくなっています。

もっとも確実な早漏対策としてプリリジーがあります。

プリリジーには、セロトニン濃度を高く維持する働きがあるので、挿入から射精までの時間を3倍~4倍に延びるなどの効果を期待できます。

また、プリリジーは、錠剤タイプの服用薬なので、ペニスに塗ったり、なじませたり、その後に綺麗に洗い流すといった手間はありません。